数学ⅠB(微積分)
2004年度開講
数学Ⅰは、教養学部前期課程(1年、2年)において、理系クラスが履修を課せられている講義です。数学Ⅰには数学ⅠAと数学ⅠBがあり、どちらのクラスもほぼ同じ内容ですが、数学ⅠAは、論理的な部分に重点を、数学ⅠBは実践的な計算に重点を置いています。 数学Ⅰでは、微積分を学び、大学で必要とされる微分・積分の基本的な知識を習得します。そのため、高校までに学習した微分・積分の知識は知っていることを前提として授業は行われます。