分子コンピューティング
2005年度開講
分子コンピューティングは、計算機科学と化学・生物学の境界領域として勃興しつつある研究分野である。DNAを中心とした生体分子の化学反応により情報処理機構を実現するとともに、情報技術を駆使して生体分子の設計やその化学反応の制御を行うことを目標としている。本講義は、分子コンピューティングとその関連分野について解説することにより、計算機科学の化学・生物学への展開について眺望する。
第2回
分子コンピューティングの応用:計算論的ナノテクノロジーと構成的生物学 萩谷 昌己
第3回
分子コンピューティングに関連した様々な計算モデル 萩谷 昌己