病理総論
2005年度開講
病理学総論講義においては、病気(疾患)の概念を原因論から出発して系統的に説明する。細胞レベル、組織レベル、臓器レベル、そして全身性の疾患という具 合に理解してほしい。さらに後半の腫瘍論においては、遺伝子レベルの講義を行う。解剖学、生化学・分子生物学、免疫学、細菌学などの基礎知識が幅広く身に ついていないと病理学の講義を理解するのは難しい。
第2回
代謝障害・アミロイドーシス 大橋 健一
第3回
損傷修復・再生 宮澤 恵二
第3回
分子病理学序論 宮園 浩平
第4回
循環障害 仁木 利郎
第4回
動脈硬化・糖尿病 大橋 健一
第5回
炎症 加藤 光保
第6回
感染症 加藤 光保
第6回
免疫 宮園 浩平
第9回
がんと間質 仁木 利郎
第9回
がんの疫学・発がん 宮園 浩平
第10回
がん遺伝子 宮園 浩平
第11回
がん抑制遺伝子 宮園 浩平
第12回
がんの生物学 宮園 浩平
第12回
がん転移 広橋 説雄
第13回
がんの分子診断 油谷 浩幸