経営
2006年度開講
この講義では、企業の経営・戦略・組織について全般的な解説を行った上で、経営・組織現象を意思決定プロセスの観点から理論的・実証的に説明するようなア プローチを紹介する。できるだけ、現実の日本企業に見られる具体的な諸現象を題材にして、経営学のトピックスを取り上げていく。
第1回
導入 (経営の再生、戦略の時代・組織の時代、組織モデルと意思決定の戦略) 高橋 伸夫
第2回
多角化戦略 (会社の寿命、日米企業の多角化戦略、1960年代後半の合併・買収ブーム) 高橋 伸夫
第6回
企業文化 (文化のもたらす差異、企業文化の発見、活性化と文化、バーナード再発見) 高橋 伸夫
第7回
経営者の役割 (経営管理論の誕生、産業ならびに一般の管理、経営者の役割、経営することの意味) 高橋 伸夫
第8回
戦略と組織 (経営戦略と組織、戦略と勝敗、戦略をもつことの意義) 高橋 伸夫
第9回
企業・戦略の組織論 (システムとしての組織概念、プログラム、境界としての企業概念、テクニカル・コア、自己決定) 高橋 伸夫
第10回
日本企業の意思決定原理 (意思決定原理、協調行動の進化、見通し、日本的経営論、ぬるま湯的体質、やり過ごし、管理者の仕事) 高橋 伸夫