【教職員向け】UTokyo OCW(東京大学オープンコースウェア)説明会の開催について

 UTokyo OCW説明会ポスター

東京大学のオープンコースウェア、UTokyo OCWの活用について、説明会を開催いたします。UTokyo OCWは、東京大学で開講されている正規講義の資料と映像を一般公開しています。
 説明会では、UTokyo OCWの概要や、公開までに先生に行っていただくことをご説明します。本学の教職員であればどなたでもご参加いただけますので、ぜひご参加ください。詳細および参加申込方法は以下の通りです。

●日時・場所(各回45分程度)
2019年8月2日(金) 13:00~ /15:00~
駒場キャンパス 21KOMCEE WEST 3階301
http://www.c.u-tokyo.ac.jp/zenki/classes/layout/haichizu.pdf

2019年8月5日(月) 13:00~ /15:00~
2019年8月6日(火) 13:00~
本郷キャンパス 総合図書館別館 B1F ライブラリープラザ モニターエリア
※入館には職員証が必要ですのでお持ちください
https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_07_j.html

●対象者
本学教職員

●参加費
なし

●申込方法
メールによる申し込み
宛先: ocw[at]he.u-tokyo.ac.jp ※ [at] を@に変えて送信してください
件名:UTokyo OCW説明会参加申込
本文に以下の内容を記載してください ①参加者のお名前・所属・役職 ②参加日時

*当日参加も受け付けております。直接会場にお越しください。

==========
 UTokyo OCWで講義をオンライン教材として公開すると、次のようなメリットがあります。

1.より実践的で学習効果を高める教育に力を入れることができます。
 必ず学んでもらう必要がある基礎的な知識などはUTokyo OCWのオンライン教材を視聴してもらい、授業時間をディスカッションや演習・質疑応答などの実践的な指導に充てる反転授業など、アクティブラーニングの教材として活用できます。

2.学生の予習・復習に役立ちます。
 学生は講義映像を繰り返し視聴できるため、より授業の理解を深めることができます。また、授業を進める上で必要な情報を事前に視聴してもらうこともできます。

3.社会貢献ができます。
 UTokyo OCWは東大内外の様々な方が視聴可能です。公開された講義映像を高校生が視聴して学習したり、文化センターなどで生涯学習の教材として利用されたりするなど、ご自身の専門知識や研究知見を社会に還元することができます。

4.業績として示すことができます。
 研究だけでなく教育業績も着目されつつあります。講義映像の公開を通じて、どのような講義を実施しているか明確に示すことができます。教育業績としてアピールできます。

5.記録として残すことができます。
 ご退官前に講義の映像を残しておくことができます。

6.コストがかかりません。 
 新たにオンライン教材を作成する場合、機材や人材の確保が難しいかと思います。UTokyo OCWでは、大学総合教育研究センターのスタッフが講義の撮影・編集を行い、講義資料の著作権処理もサポートします。コストをかけずに教材の作成と公開を行うことができます。

 映像はストリーミング配信で、ダウンロードはできません。また、最新の研究内容等、ウェブでの公開ができない情報が含まれる場合は、ご希望に応じて当該箇所をカットや編集が可能ですので、安心して公開していただけます。

●お問い合わせ
大学総合教育研究センター 全学教育推進部門(UTokyo OCW担当)
ocw[at]he.u-tokyo.ac.jp ※ [at] を@に変えて 送信してください 

===========================

<UTokyo OCWで講義を公開希望の先生へ>


 ご講義をUTokyo OCWで配信することを希望される先生は、下記のファイルをご確認の上、メールフォームに必要事項をご記入・ご送信ください。

 ご連絡をいただいた後、1週間以内に よりご連絡いたします。

 なお、予算や人員配置等の状況によりご希望に添えない場合もございますが、ご理解いただけますと幸いです。

  申込用メールフォーム