震災後、魂と風景の再生へ(朝日講座「知の冒険—もっともっと考えたい、世界は謎に満ちている」2011年度講義)
Towards a Rebirth of Spirit and Landscape after the Great East Japan Earthquake (The Asahi Lectures "Adventures of the Mind" 2011)

震災後、魂と風景の再生へ(朝日講座「知の冒険—もっともっと考えたい、世界は謎に満ちている」2011年度講義)
Towards a Rebirth of Spirit and Landscape after the Great East Japan Earthquake (The Asahi Lectures "Adventures of the Mind" 2011)
コーディネータ:加藤陽子、阿部公彦 東日本大震災の被災地で生きる人々、亡くなられた人々、 未曾有の災害に対して固唾をのんで見守った人々。 このようなすべての人々、あるいはその魂に向け、 魂と風景の再生に捧げる「言葉の花束」を共に想像(創造)することをめざす。 今年度は、文学と思想、歴史、人間についての知である人文知を一つの核とし、 今一つには、人文知とは別個の方法で「永遠」といったものに触れてきた 諸科学が、現在もなお進行中の、この壮絶な悲惨さのなかで何を語りうるのか、 何を遺しうるのか、教員と参加者とが共に考える場としたい。
イントロダクション
震災後、魂と風景の再生へ
#6
東日本大震災を踏まえた首都圏の地震防災対策のあり方 目黒公郎
#7
リスクと自由―「表現」することの効用と限界 濱田純一
#8
「構造災」を越えて―国策の失敗軌道をどう転換するか― 松本三和夫
#9
原発事故と除染の科学 児玉龍彦
#12
BSEと放射能をめぐる「食」の問題-科学と政治のはざまで 神里達博
#14
東日本大震災と科学の限界 纐纈一起