脳の科学-シナプスから人生の意味まで(学術俯瞰講義)
Brain Science – from Synapses to the Meaning of Life (Global Focus on Knowledge)

脳の科学-シナプスから人生の意味まで(学術俯瞰講義)
Brain Science – from Synapses to the Meaning of Life (Global Focus on Knowledge)
コーディネータ 多羽田 哲也(分生研)、上田 泰己 (医学部) ナビゲータ   道上 達男(教養学部) 私たちが考えたり、昔を思い出したり、あるいは夢を見たりすることは、いうまでもなく脳の働きです。この時、脳の中の膨大な神経ネットワークで何が起こっているのでしょう。それを知るために、ヒトのみならず、サル、マウス、ラット、さらには線虫、ショウジョウバエといった様々なモデル動物が用いられ、これらを対象として、電気生理学、シナプスにある分子の働きを調べる生化学や細胞生物学、顕微鏡やfMRIを用いたイメージング、遺伝子改変動物、数理解析など、様々な手法を駆使した研究が行われています。このような多方面からのアプローチを、それぞれの専門家がわかりやすく紹介し、最後に、脳科学の進展が私たちの存在の理解にどのように寄与するか、科学哲学の立場から講義します。 脳は脳を知るでしょうか。 本講義シリーズの終わりには、脳の働きを細胞の情報伝達のレベルで理解するのはもうすぐ手が届く近未来のことだと、皆さんは楽観的になるでしょう。その研究に自分も身を投じてみたいと思うようになるかもしれません。私たちが生きている意味を理解する一助として、所属や専攻に関わらず駒場の全ての皆さんの聴講を歓迎します。 Coordinator: Tetsuya Tabata (Institute of Molecular and Cellular Biosciences),        Hiroki Ueda (Faculty of Medicine) Navigator: Tatsuo Michiue (College of Arts and Sciences) Our activities such as thinking, remembering the past, and dreaming are, needless to say, functions of the brain. But what goes on in the brain’s vast neural network during these activities? To find out, not only humans but also various species from monkeys, mice, and rats to even nematodes and fruit flies are used as model animals for different kinds of research methods, such as electrophysiology, biochemistry and cell biology for studying functions of molecules at synapses, imaging using microscopes and fMRI, genetically modified animals, and mathematical analyses. Our experts in each field will introduce these wide-ranging approaches in an easy-to-understand manner and wrap up their lectures by discussing how progress in brain science contributes to the understanding of our existence from the standpoint of philosophy of science. Does the brain know the brain itself? At the end of this lecture series, all of you will be more optimistic that understanding functions of the brain at the level of cellular signal transmission will be achieved in the near future. You may even consider devoting yourself to such studies. We welcome all students on Komaba Campus, regardless of their affiliation or major, hoping that this course will provide you with help to understand the meaning of our lives.
#1
ブレイン・デコーディングとブレイン−マシン・インターフェース(1) 神谷 之康
Brain Decoding and Brain-Machine Interface(1) Yukiyasu Kamitani
#2
ブレイン・デコーディングとブレイン−マシン・インターフェース(2) 神谷 之康
Brain Decoding and Brain-Machine Interface(2) Yukiyasu Kamitani
#3
全脳・全身透明化から見えてくるもの-個体システムの「時間」の理解に向けて 上田 泰己
Whole-Brain and Whole-Body Transparency – Understanding the Clock Mehcanism for Individual Systems Hiroki Ueda
#4
行動を変化させる分子と回路 飯野 雄一
Molecules and Circuits that Generate Behavioral Plasticity Yuichi Iino
#7
化学感覚のしくみと進化-においやフェロモン信号の脳への入力 東原 和成
Mechanisms and Evolution of Chemical Senses – Inputs of Odorant and Pheromone Signals to the Brian Kazushige Touhara
#9
計算神経科学-モデルと解析 脳活動を表現する数式 豊泉 太郎
Computational Nuroscience – Models and Analyses, Mathematical Models Describing Brain Activity Taro Toyoizumi
#10
計算神経科学-モデルと解析 「学習」を表現する数式 豊泉 太郎
Computational Nuroscience – Models and Analyses, Mathematical Models Describing “Learning” Taro Toyoizumi
#11
虚記憶と実記憶-神経細胞集団による情報の符号化 井ノ口 馨
False Memories and Real Memories – Encoding of Information by Neuronal Cell Populations Kaoru Inokuchi
#12
脳と心 大木 研一
Brain and Mind Kenichi Ohki