量子統計の進歩−理論研究40年を振り返って− (高橋實最終講義)

量子統計の進歩−理論研究40年を振り返って− (高橋實最終講義)
【研究概要】 1.1次元量子系のベーテ仮説法による研究 2.スピン波理論による低次元磁性体の研究 3.量子モンテカルロ法の多体系への適用 【教授略歴】 1967年 3月 東京大学教養学部基礎科学科卒 1972年 3月 東京大学理系大学院博士課程修了 1972年 4月 大阪大学教養部助手 1978年 8月 東京大学物性研助教授 1991年 3月 東京大学物性研教授