国際保健学としての感染症および母子保健(牛島廣治最終講義)

国際保健学としての感染症および母子保健(牛島廣治最終講義)
【研究概要】 1)下痢症ウイルスとHIVの分子疫学 2)抗ウイルス薬(エイズ薬等)の開発 3)発達と障害に関する研究 4)下痢症ウイルス、HIVの分子疫学、診断と治療の開発 5)多民族文化社会による母子保健 6)アジアにおける母子保健 【教授略歴】 1972年 東京大学医学部医学科卒業・東京大学付属病院小児科(研修医) 1973年 都立築地産院小児科・東京逓信病院小児科(医員) 1975年 帝京大学医学部小児科(助手) 1979年 米国アラバマ州立大学微生物部(リサーチフェロー) 1981年 帝京大学医学部小児科(助手)・東京厚生年金病院小児科(部長) 1987年 国立予防衛生研究所外来性ウイルス室・エイズウイルス室・腸内ウイルス室(室長) 1991年 国立公衆衛生院衛生微生物学部(部長) 1992年 東京大学医学部母子保健学教室(教授)・医学系研究科国際保健学専攻国際生物医科学講座発達医科学分野(教授) 2007年 教授退官